【水耕栽培は大成功!】

一部の方々にたいへん好評をいただいている企画“机の上で水耕栽培”が、まもなくエンディングを迎えようとしております。

……育ってますよぉ!!

近日中に収穫の様子をお伝えできると思いますので、いましばらくお待ちください。

で。

水耕栽培が非常に順調に進んだため、僕にも欲が出てきました。

「こんなに簡単に、そして清潔に作物が栽培できるなら、ぜひ継続して生産していきたい!!

とね。

さぁて、スイートバジルのつぎは、何にするかな……。

収穫後に水耕栽培キットに別の種を撒き、新たに何らかのベビーリーフを育てる……というパターンがもっともオーソドックスでしょう。そして成功体験もしているので、スムーズにコトが運ぶはず。

「うん、それがベストだろうな。水耕栽培は、今後も継続して行うとしよう」

誰にともなくつぶやきながら、僕はさらに思考しました。

(それはそれとして。何か別のものも育てたいな)

ここでふと、あることを思い出します。

(あ……。そういえばいまから4年ほど前に、“しいたけ栽培キット”を買って、栽培に踏み切ったことがあったっけ!!)

そうなんです。

僕の“簡易キットによる作物栽培の原風景”は、4年前のしいたけ栽培キットだったんです。

で、でも……(((;゚Д゚)))

「でも……確か、あのときは……」

当時のことを、鮮明に思い出しました。

【しいたけ栽培の思い出】

さかのぼること4年半前。2014年1月に、僕は熱病に罹ったかのように、

な、なんか作物を育ててみたい! そんで収穫したものを調理して、自分で食ってみたい!!」

と思うようになりました。今回の水耕栽培に踏み切ったときと、同じようなテンションだったと思います。

そこで購入したのが、

“誰でも簡単! 新鮮でおいしいシイタケを栽培・収穫しましょう! 説明書通りに進めるだけで、数十本のシイタケを収穫することができます!!”

なんて謳い文句がまぶしかった、しいたけ栽培キットでした。確か、値段は1000円前後とリーズナブルで、

「こんな価格で大量のしいたけが採れたら、めっちゃ黒字じゃん!!w」

と思ったことを覚えています。

僕はさっそく説明書に従って、しいたけの原木をいじり始めました。

そのときの写真が1枚だけ残っておりましたw

届いた段階ですでに、原木にしいたけの菌糸が植えられていて、ユーザーは下処理(原木をひと晩水に漬けるとか)を施したら、あとはほとんど放置だった気がします。唯一、やっていたのが、1日1回の水やり。原木が乾ききらないように、霧吹きでプシュプシュとやっていたんですねえ。

これが数日もすると……↓こうなる予定だったんです。

うおおおお!!! にょっきにょき!!!

……って、“予定”と書いた通り、これはフリー素材のお写真。なんと僕の原木は何日経っても微動だにせず、ただの1本もしいたけが生えてこなかったのです。このときは、本当に悲しかった……。

「な、なんでや>< 毎日水をあげて慈しんでいたのに>< なんで1本も生えてくれないの?? しいたけ、ちんじゃったの??>< ボク、悲しい」

それでも僕は、健気に水をあげ続けました。

「いつか生える!!!」

と信じて……。このスピリットが、

「いいい、いつか生える!!!!!」

と信じて、毎日のように脳天に育毛剤を振りかけている現在に繋がっているのかもしれません((((;゚Д゚))))

そんな、ある日のこと--。

いつものように、机の下に入れておいたしいたけの原木を引っ張り出すと、そこには……!

うっは!!!!wwww 巨大なしいたけが1本だけ生えてる!!!!!wwwww

な、なんだこの巨大キノコは!!! しいたけじゃなくて、サルノコシカケかよ!!! 本来、10~20本くらい生えてくるんじゃないの!!?wwww すべての栄養を吸収した精鋭が1本だけ生えてくるなんて、聞いてねえええええ!!!

お情けで生えてきてくれた巨大しいたけは、あまりに硬く、あまりにも不気味だったがため、食卓に上ることはありませんでした……w

しいたけ栽培は、このとき以来となります!w あー怖いw

2つのブログランキングに参加中❢ルナステラをクリックして応援してください
あなたにおすすめの記事