“気になる女の子(2)”の続きです。

連作ですので、前回のエッセイをまだ読まれていない方は、

を、ぜひぜひお読みくださいませ! ……このシリーズ、もっと頻繁に更新したいんですけど……時間がぜんぜん足らん(苦笑)

さて。

「あのチンチラシルバーの女の子を、もう一度抱っこしたい」

俺のわがままな要望にショップ側は「喜んで!!」と応えてくれ、その週末に他県の店舗から移送してくれると約束してくれた。先方からすれば、「ようやく売れた!」と手を叩いて積極的に移送を行ってくれるのだろうが、俺としては…………いや、もうこの段階で、

引き取るつもり 99%

になっていたと思う。残りの1%は、たとえば健康状態に問題があったり、ヒドく野蛮なネコになっていた場合に、

「一考の余地あり」

と自分の心にバッファーを設けておいただけ。まあ要するに、引き取る気満々だったわけだ。

そして週末。

ショップに出向いて店員さんをつかまえ、来意を告げる。店員さんはすぐさま、

「あ! いま連れて来ますね!」

と言ってバックヤードに消え、30秒ほどでそこそこ大きな綿菓子を抱えて持ってきた。想像していた物体より……ふた回りくらいデカいぞwwww

!!? あの物体が……前に抱いた、小さな白いカタマリの子か!!?

面食らっている俺を店員さんが椅子に導き、

「はい、抱っこしてあげてください~♪」

と言って、そのカタマリを手渡してきた。まるでケセランパセランのような、白いフワフワである。

でも、やっぱり一度抱いたニャンコの感触って、手が覚えているんだよなぁ……。

あ……。そうだ、この子だ……>< すっかり大きくなっちゃったけど、3ヵ月前に抱いた、チンチラシルバーだ……

チンチラシルバーの女の子は、3ヵ月前と同じように俺の手に顔をうずめ、ゴロゴロゴロ……と盛大に喉を鳴らし始めた。そしてそのまま目をつむり、心からリラックスした姿勢で寝息を立て始める。

なんてかわいいんだろう……。

白いカタマリをそっと包み込み、しばらくのあいだ小さな鼓動を手に感じていた。この子はもう、生後6ヵ月を過ぎている。見た目的にも、子ネコと言うには厳しいかもしれない。

もしも俺が引き取らなかったら……。

でも、それ以上考えるのはやめた。

……だってもう、ウチの子になるんだから。

この子、連れて帰ります。手続きのほど、よろしくお願いいたします」

店員さんに、キッパリと告げていた。健康状態どころか……値段も確認せずに^^; でもすぐに、破顔した店員さんが、

「ありがとうございます! 健康診断の結果は良好です。そして本日すぐに、引き取っていただいて構いませんので!」

このように言ってくれたので、まあ問題はなかったのだろうw

こうして、チンチラシルバーの女の子は、電光石火の早業で我が家にやってくることになった。

……いや、ぜんぜん早くないな。

俺が、出会った早々に引き取ることを決めていたら、もっと早くウチに来れたんだから。……まあでも、それは言っても仕方ないや。俺以外の人に引き取ってもらえる可能性もあったんだしなー。

連れて帰る道すがら、段ボールのキャリーバッグに入れられたチンチラシルバーの女の子に、俺はずっと考えていた名前を贈りました

ようこそ。君は今日から“ステラ”だよ。るーさん(ルナ)が“月”なので、君は“星”を意味するステラ

そんなステラの、我が家にやってきた初日の写真が↓これらですw


どこの入っているのかと言うと、食器棚の引き出しの中……。じつはるーさんとの初顔合わせに失敗して、かなりビビってしまったんです……。多頭飼いをしようと思っておられる方の参考に、自戒の意味も込めて、次回はそのへんのことを詳しく書こうと思っています。

ちなみに、その日のるーさんの様子。


ずーーーーーーん

 “気になる女の子”シリーズ、今回で終わります!

次回からは別のタイトルで、ネコ日記を書こうと思います!!

2つのブログランキングに参加中❢ルナステラをクリックして応援してください
あなたにおすすめの記事