前回のねこまんがの続きですな(→関連記事ウインク

僕が孫の手の導入に踏み切ったのはほかでもない、四十肩になって自由に背中を掻くことができなくなったから滝汗 孫の手って、老け込んだイメージがあったので踏み切るまでは時間がかかったのですが、いざ手にするとこれがまあ、気持ちいいのなんのって!!

「なんで俺はいままで、この神のアイテムを使ってこなかったんだろう!!」

と後悔するくらい、僕にベストフィットする”第三の手”となってくれたのです。

しかし、ベストフィットしたのは僕だけではなく……滝汗

ネコって、布の下とか布団の下とかでモコモコと動くものに対し、猛烈な反応をするじゃないですか?? るーさんも当然、このテのものには目がなくて、「この下に何かいるらしい」と判断した日にはアナタ、なんもないのにひたすらジャレ続けたりしています。

で、孫の手ですよ……笑い泣き

孫の手ってふつう、服の下に滑り込ませて背中を掻く道具ですから、僕もその通りに使っています。でもこれ、よくよく考えたらネコの大好物である”布の下でモコモコ動く物体”にほかならないわけ……滝汗

「はぁ~……気持ちい……って、いって!!!!

ってなって振り向いたとき、必ず、

(Φω´Φ#)シーーーーーン……

とすっとぼけているるーさんがいます……チーン (角満からし

2つのブログランキングに参加中❢ルナステラをクリックして応援してください