先日、”ガウガウガウ……うっとり”という記事で、僕が出社する間際の、るーさんとの攻防について記事にしました。

→関連記事

僕が出掛けてしまって夜まで帰ってこない……ということがわかるらしく、どこかで寝ていたり、おやつを食べたりしていても、それをほっぽってすっ飛んできます。

合図は、僕が手にするカギの束の音

|・`ω・)つジャラ……

と小さく音が鳴っただけで、

(#`・д・)!!! 下僕ッ!!! どこいくねん!!! わしと遊ぶんやないんけ!!!

てな感じで、前述の記事にある格闘へとなだれ込むのですw

そんなある日の朝。いつものように出社の準備をし、玄関に腰を下ろして靴を履いていると、るーさんがやってきました。

{DFE82D0D-7DA1-4C33-A6CD-CE4A8203FE4A}

(#`・д・)行くというなら、わしを倒してからにせいや

なんて言いたそうな顔で、どでーーーんと横倒しになってしまいました。そんなるーさんを、

「ほれほれ。わがまま言わんと。るーさんのご飯代を稼ぎに行くんだからね」

なんて言ってなだめますw すると、

{FD7B5497-2835-47BF-BA88-EB099FE4DE00}

(Φω´Φ#)ふん。行けるもんなら行ってみいや

僕を睨みつけながら立ち上がりました。この隙に僕も立ち上がり、

「よし、なるべく早く帰ってくるからね しっかり自宅を警備しとくんだよ」

と声を掛けて、玄関を出ようとしたら……滝汗

「あ、あれ? 家のカギがないぞ……。どこいったどこいった!ゲロー

あろうことか、さっきまでジャラジャラいってたカギの束が行方不明に!! すぐにでも出ないとバスの時間がヤバイけど、無施錠で飛び出すわけにもっ!!!えーん でもパッと見たところ、靴の間とか棚の下とかにも見当たらないんですが!!!ゲロー

やべえええええ!!! どうしよ!!!ガーン

本気でテンパってる僕の横で、るーさんはさっきと変わらず、

(Φω´Φ#)シーーーーーーーーン

とした顔をしています。

……でも、なんか不自然だな。まるで……何かを隠しているかのようゲッソリ

「ね、ねえ、るーさん。俺のカギ知らない? さっきまでここに……」

そう言って何気なく、るーさんのまわりに目を走らせると……!!

{C4B7A092-A612-4A2F-BE68-C1E0D467EF84}

き、キサマの尻の下じゃああああああ!!!!!笑い泣き

けっきょくバスは……滝汗

乗り逃した……笑い泣き

2つのブログランキングに参加中❢ルナステラをクリックして応援してください