チンチラシルバー(いわゆるペルシャ猫)の女の子、ステラが我が家にやってきて、早くも2ヵ月が経過しました。

ペットショップで眺めていたときのステラは、そりゃあもう絵本から抜け出てきたんじゃないかと思うくらい可憐でかわいらしく、どっからどう見ても“深窓の令嬢”という風情を醸し出していました。

▲コレですもの……。

なので、思ったんですよね。

「こんなにおとなしくて優しい雰囲気の子だったら、すぐにるーさんと仲良くなってくれるだろうなぁ^^」

って。連れて帰ってきたとき、いきなりるーさんと対面させて関係を険悪にしてしまった……と以前書きましたけど、その失敗の裏にはこういうバックボーンがあったんです。

それでも、楽観視はしていました。だって、ペットショップで得たステラの印象は“おとなしくて優しい”だったんですものw しかし、日が経つにつれて、おしとやかな雰囲気は雲散霧消していき、浮かび上がるのは無頼で粗野、どこまでも天真爛漫な戦士タイプ……という、最初のイメージとは180度ひっくり返ったもの!!!www ステラの傍若無人ぷりをみていると、あれだけお転婆だと思っていたるーさんが、それこそおとなしくて優しい令嬢にしか見えないという!!w

「こ、こりゃいったい、どうなってんだ……? チンチラペルシャとは、いったい…………

それから僕は、冷静に根気よく、ステラの行動を観察し続けました。そして2ヵ月経ったいまようやく、チンチラペルシャが、じつにややこしくて扱いにくく、それでいて極めて魅力的な猫種であることに気づいたのです。

今回はそんなチンチラペルシャ(ていうかステラ)の性格と特徴をつまびらかにしたいと思います。ちなみにチンチラペルシャには、毛色が銀色の“チンチラシルバー”と、金色の“チンチラゴールデン”のふたつの種類があります。ステラはシルバーのほうですので、あくまでも今回の解説は“チンチラシルバーのもの”と思っていただければ。その可憐なルックスとはかけ離れた“ギャップ萌え”な猫ということを、皆さんに共有したいと思いますw

長くなりそうなので、いくつかのカテゴリーに分けて解説しますね。

スポンサーリンク

■チンチラシルバーの目の色は?

ペルシャ猫というと、僕は昔から“宝石のような青い目”という先入観を持っていましたが、それはあながち間違いではなく、基本的には成長に連れ青系か緑系の目色になるようです。

ステラはどうかな?

まだはっきりはしていませんけど、ゆくゆくは緑色の目のニャンコになるのかな? 僕はパズドラでは木属性使いとして知られているので、緑の目になってくれるといいなあw

あと、この写真でもわかると思いますが、チンチラシルバーはアイラインの黒が非常にはっきりしているので、目化粧を施したような顔をしています。おかげで目がキリッとして見え、なかなかの目力となっているのです。それと、目の上の毛(睫毛かな?)が長く、これまた女子力高めな印象を与えてくれます。

ちなみに、眉間に影が落ちて見えて、昭和の名優の天知茂さんみたいですが(わからなかったら、ぜひググってみてくださいw)、“シルバー”とは言え意外なほど体毛に黒が多いのでこのように見えます。つねに怒ったような顔をしているので、笑っちゃいますがw

■チンチラシルバーの毛色は?

チンチラペルシャの特徴のひとつが、この体毛。フワフワの綿菓子みたいな細~~~い毛で覆われていて、触った感触は新雪のようです。太いオーバーコートで身体を包んでいるノルウェージャンフォレストキャットのるーさんに慣れていたので、ステラを初めて触ったときは衝撃を受けました。

そして前述の通り、シルバーながら、あちこちに黒い毛が混ざっています。ステラも顔、背中、前脚に多めの黒毛が生えていて、成長とともに目立ってきた気がします。これ以上黒毛が主張すると、「そのうち、ミュウみたいな黒白猫になってしまうのでは……」と、冗談半分で考えてしまうくらいw この黒毛、肉球のあいだにも生えているんですけど、

これもチンチラシルバーの特徴のひとつのようです。墨汁を踏んづけたように真っ黒の脚裏をしているので、最初はちょっと驚きました。

スポンサーリンク

■チンチラシルバーの身体と四肢

現在、生後10ヵ月のステラの体重は3キロちょっと。まあまあ、標準的な大きさだと思います。るーさんが大型猫のノルウェージャンフォレストキャットなので、それと比べると体重自体は軽いんですが、パッと見た感じはそれほど小さくないです。

その理由は、フンワリと身体を覆っている柔らかな被毛。ブワっと広がって生えているので身体の面積を多く見積もらせて、体重以上に大きく見えるんですよねえ。それと、尻尾がノルウェージャン以上に豪奢で太いので、身体を大きく見える手助けをしているんじゃないかな、と。

そして四肢ですが……短いです!!www はっきり言って、短足!! さすがにマンチカンみたいな、そのように品種改良された短足猫とは違いますけど、明らかに短いです。

ホラ、こんなに短いw 大型猫のるーさんはもちろんですが、先代ニャンコのミュウ&アクア(ともに雑種です)も四肢は長かったので、ステラは際立って短足に見えます。でもそのおかげもあってか、トンネル型のおもちゃで遊んでいると本領を発揮し、狭い中を縦横無尽に駆け巡っておりますw アナグマかオマエは。

■チンチラシルバーの運動能力

どうしてもるーさんと比べてしまうんですけど、フィジカルモンスターのノルウェージャンフォレストキャットよりは明らかに劣ります。ていうか、かなりドン臭い猫種になるんじゃないかな……w

いや、運動大好きで、短い手足を巧みに使って駆け回る(『弱虫ペダル』の坂道なみのハイケイデンスです)、キャットタワーも上れるようになりましたけど、しょっちゅう足を踏み外すし、ズッコケるし、落ちるしで、“ドジ”、“ドンくさ”以外に掛ける言葉があまりないと言うか……w たまにるーさんが、家の中でもっとも高い場所にある本棚の上に上っているんですけど、ステラはその様子を、うらやましそうに眺めていますw るーさんよりも瞬発力に劣るので、そこまでジャンプできないんですよねw

■チンチラシルバーの性格は?

そして問題の“チンチラシルバーの性格”ですが、これがもう、ひと筋縄じゃいきません。ちょっと、ですます調はやめて、コラム風に書きますね。

ステラの性格をひと言で言い表すなら、“わがまま”、“自分勝手”、“傍若無人”、“天真爛漫”などが当てはまるとは思う。でも、じつはそれほど単純なものではなくて、意外なほど“人間臭さ”を醸し出すことがあるからおもしろい。

俺がステラを観察して思ったのは、初めて会うメンツが多い合コンとか飲み会に現れる、ちょっと勘違いしてしまった“上から”の女の子だ。

ホラ、いるでしょう。

その日の参加メンバーを見渡したあと、

「どう見ても、あたしがナンバーワンねε=(・ω´・#)」

とみずからナンバーワン認定して、マウントを取ってこようとする人。ステラの精神構造は、基本的にコレと同じ気がしてならない。

「あたい、かわいいのよ!ε=(・ω´・#) キレイなのよ!!ε=(・ω´・#)」

という感情を振りかざして、ステラは人間と接していると思われる。だからまったく、言うことを聞かない。悪いことをしているのを見とがめて怒ると、

(#`・д・)コォォォォォォ!! なんにゃぁぁああ!!!

と怒り返すし、あろうことか手も出してきやがる。これ、猫だからまだ許されているけど、人間の女(男もだな)だったら速攻で絶縁していると思われる。そういう性格をしているのが、チンチラシルバーという猫種。ていうか、ステラ個人

▲なんにゃああ!! 短足で悪かったにゃ!! ……って感じw

▲ガジガジガジ……。

こんなことを書いてしまうと、

「え……。チンチラって、そんなに粗暴で扱いにくいの? 飼いにくそう……」

と思われてしまいそうだが、決してそんなことはありません。

“ツンデレ”という言葉は、チンチラの行動を見た誰かが作ったんじゃないか……!? と確信してしまうほど、慣れたチンチラはデレる。こっちが恥ずかしくなるくらい、ラブラブ光線を照射してくるんです!!

それも、ひとりにだけ。飼い主のひとりにだけ忠誠を誓って、その人には徹底的にジャレるし、甘えるし、デレるのです。

その証拠の、ステラがデレモードになって喉を鳴らしている動画を貼っておきましょう。

確かにチンチラは、粗野だし、生意気だし、けんかっ早いと思います。るーさんと比べると、ものすごい単細胞だなとも思うしw でも逆に言うと、その害のない天真爛漫さが猛烈に猫っぽいです。気まぐれだし、自由奔放だけど、そんなすべてをひっくるめて、とてつもなくかわいい猫種であると断言します。

そう、チンチラは“ツンデレの権化”です。

一度彼らに好かれたら、その圧倒的なかわいさの虜になること請け合いです。

本当に、うちにきてくれてよかったよ、ステラ^^

2つのブログランキングに参加中❢ルナステラをクリックして応援してください