ノルウェージャンとチンチラが待っている

当ブログの前身であるブログ『角満さんちのるーさん』が単行本化されたとき、書き下ろしで収録したエッセイに楽しみな坂道という短いお話があります。今回は、このエッセイの続き(?)を書こうと思います。

ノルウェージャンが待っている窓

僕の家は、緩やかな坂道を下った先にあります。その坂の中腹くらいから、僕の部屋の出窓が見えます。

そうここ、いつもるーさんが陣取って、外を監視している窓w 鳥を見ては、

(#`д)チキチキチキチキチキ……

近所のおばちゃんを見ては、

(#`д)チキチキチキチキチキ……

と、威嚇しまくっていますw

もちろん、1日中ここにいるわけではなくて、ときたま、気が向いたときにのこのこと出向いては、外を監視して怒っているんです。

でも。

夜中、仕事を終えてヘトヘトで帰宅したとき、僕はこの坂を下る瞬間を心待ちにしています。

それは、るーさんが必ずそこで待っていてくれるから。

これは昼間ですけどw

「おーい、るーさーん」

夜中なので近所迷惑にならない程度の小声で呼び掛けながら、るーさんに手を振ります。すると彼女はキチンと僕に気づき、クルリと身を翻すんです。

「あ、いなくなっちゃった」

わざとらしくそう言いながら玄関の前に行き、気配を探ります。すると、

ずだだだだだだだ!!!!

5キロくらいの物体が、階段を転げ降りてくる音w それを聞きながら玄関を開けると……。

|)べつに、待ってなかったけどね

そんな顔をしていますけど、

|)ノノチョイチョイ

手を伸ばして、「甘えさせろよ」と言ってきますw

毎日のように展開する、予定調和のやり取り。僕はこの瞬間がたまらなく好きで、坂道の途中から出窓を見ることを楽しみにしているんです。

ノルウェージャンとチンチラの待つ窓

そして最近、この坂を下ることが、前以上に楽しみになりました。

るーさんが教えたのか。

それとも、るーさんのマネをしているのか。

それはわかりませんけど、いつのまにか出窓組が増えたんです。

ほらw

あw ステラもいるwww

るーさんと仲良く(かどうかはわかりませんが)並んで、坂を下る僕のことをじーーーっと見ています。こんなの見たら、手を振らないわけにはいきませんなw

「おーい、るーさーん。スーテラー」

手を振る僕を見て、まずるーさんが身を翻しました。おねえちゃんの行動を見て、ステラは、

|)!? どこいくん!?

そんな感じで身体を反転させて、出窓から消えてしまいました。

で、玄関を開けると……。

|)ずーん
|)ずーん

2匹いたーーーー!www

それから毎日のように、るーさんとステラは僕の帰りを出窓で待つようになりました。

楽しみな坂道が、ますますステキな場所になった瞬間でした。

おしまい。

あなたにおすすめの記事
大塚角満の他のブログ