【猫エッセイ】ノルウェージャン、飼い主の脳天に鉄槌を喰らわす

前回の続きのお話です……

前回の“ノルウェージャン、薄い髪の毛を引っこ抜く”の続き……というか、類似のお話です……。

我が家のノルウェージャン大将・るーさんが、飼い主である僕に致命的な狼藉(とくに、防御の弱くなった薄毛部分)を加え続けている件ですが、最近さらにヒドくなってきました。

僕は自宅の居間にいるときは基本、座椅子に座ってテレビを見たり、ゲームをしたりしています。座椅子はそこそこ大きいもので、もたれかかると僕の頭頂部が、海からせり出す初日の出のように浮かんでいる……という状況になります。

そんなところに、るーさんが登場。

るーさんは非常に甘ったれのところがあり、このモードに入ったときの“からみ度”はツンデレの権化であるステラよりも高いです。僕の腕や肩をチョチョンと前脚で叩いて、

|・`ω・)ノノようよう。遊んでよう

と要求することもあれば、伸びあがって僕の顔に自らの顔をこすりつけて、

|・`ω・)ノノノようよう! 聞いてるのかよう!

と、さらなるアピールをしてくることもあります。

ダイダラボッチ~~~ん……www

これがまあ、究極と言っていいほどかわいくて、思わず、

「おお~~~~^^ るーさん、かわいいねえ^^ よーしよーし^^^ 遊んであげますかねー^^^^」

なんてムツゴロウさん化して、ギュッと抱きしめたりします。こんなに愛おしい生物、宇宙に存在しないだろ^^^^^

でも、この“甘えの要求”が、最近エスカレートしていました。

脳天にクリティカルヒット

最初はいつものように、腕チョンチョンから始まるんです。

|・`ω・)ノノチョンチョン。ようよう。遊んでよう

いつものことなので、僕はテキトーにあしらいます。「はいはい^^ るーさんが来ましたねえ^^」なんて言ってwww 我ながらキモいwww

でもこの程度では、るーさんは納得しません。つぎの段階に進んで、僕の顔付近まで伸びあがってきます。

|・`ω・)ノノノコスコス。ようよう! 聞いてるのかよう!

顔をこすりつけてくるるーさん。たいがいここでゲームをする手を休めて、るーさんを撫でてあげるんです。「わかったわかった^^ るーさん、よく来たねえ^^^」ほんとキモいwww

しかし、これでは子供騙しなんでしょう。るーさんは、

|・`ω・)ふん

って感じに僕のもとから離れ、なぜか座椅子の後ろに……。そのまま、静かに座り込んでしまいました。

でも、こちらはもとよりゲームに夢中。るーさんを放置して、画面に集中していると、突然……!!!!

(#`・д・)ノノがっっっちょん!!! ズゴッ

!!!?? いきなり頭頂部に鋭い痛みが!!!!

「いっっっって!!!! な、なんやなんや!!!」

驚いて振り向くと、まさに、

(#`・д・)ノ ソ~……

↑こんな感じで、前脚を振り上げているるーさんが!!!w

▲友情出演、ステラさん。こんな感じで、僕の脳天にも鉄槌を振り下ろすんです!!!w

……そう!! 僕に無視されたことにイラついたのか、るーさんは座椅子の背のほうから伸びあがって、飼い主の脳天に鉄槌を喰らわしたのです!!! 爪刺さったんですけど!!!(驚)

いって!!! な、なにすんねんるーさん!!! 防御が薄くなってるところに!! なんちゅーことを!!!(泣)

僕の反応に満足したのか、るーさんは、

( ^∇^)σ)≧∇≦)いえーい!

てな顔をして去っていきました……。最近これ、毎日のようにやられるんだよな……。

でも、もしかしたら。

薄くなった頭皮に刺激を与えると、育毛にいいといいます。ってことは……!

「るーさんは飼い主の悩みに気づき、自らの爪で頭皮に刺激を与えてくれているのでは!!!?」

……いや、ないな。

おしまい……。

※予告※

本日の夕方、僕の猫ブログでちょっと大きな動きがあります! まずはツイッターでのお知らせになると思いますので、どうぞご注目ください~!

 

あなたにおすすめの記事
大塚角満の他のブログ