前回の続き(?)の1本

昨日は、公開時に話題になった猫漫画を再掲載いたしました!
本日公開する猫漫画は、ある意味その続きというか、“猫vs.いびき防止テープ”シリーズの1本となりますw
では、お楽しみください~!
スポンサーリンク

猫漫画:剥がれる

{6E32F875-BFDA-4958-B7C9-9B55E87DD81A}




先日、”いびき防止テープを貼って口をふさいで寝たら、るーさんに鼻をふさがれた”というネコマンガをアップしましたが(→関連記事)、僕の命を張った睡眠(なんだそりゃ)は大好評でした。

その、いびき防止テープネタの続編です。

このテープにもすっかり慣れ、朝起きたらクチャクチャに噛んでいたり、剥がれることもなくなってきたときのことです。

その日、口の乾きで目が覚めました。するとアーラ不思議、いびき防止テープが剥がれてしまっています。

「あれ……? 剥がれてる。もう慣れたから、剥がれることもなくなっていたのになあ。中途半端に貼っていたんかな……」

なんとか自分を納得させたんですが翌日も、口がかぴかぴ状態で目が覚めたではないですか!

むむむ……? これはおかしいぞ」

本格的に疑問に思った翌日、その理由が判明しました。

夜中。

身体に乗った重みで、半覚醒の状態になりました。寝ぼけながらも、わかります。

「この重さ……るーさんか……。重い重い……」

うっすら目を開けると、胸の上で僕の顔を覗き込んでいるニャンコのシルエットが……。そのシルエットはしげしげと僕の顔を眺めた後、思いも寄らなかった行動をしたではないですか!!

|・`ω・)ノ そ~~~……

(#`・д・)つ しゃあ!!

!!!!!? い、いびき防止テープに攻撃した!! つーか、目測誤って俺の顔に当たってんだけど!!!!

ここ数日、テープが剥がれていたのは、るーさんがいたずらしていたからでした……。目新しいものを見ると、なんでもジャレやがって……。 (角満)

猫エッセイ:猫vs.いびき防止テープ、その後

というわけで、現在のお話。

前回の記事でも書きましたが、僕はここのところ専用のいびき防止テープではなく、サージカルテープという医療用テープを愛用しています。

これ、何がいいかって、自分でテープの長さを決められること。しかも安いので、かな~り長めに切って貼っても、懐はぜんぜん痛まないというねw もう、最高でしょwww

こんな感じなので、僕は当然のごとく、けっこう長く切断して口に貼っています。ケチって短く切ったせいで夜中に取れてしまった……なんて、情けないことにならないように……ね。

ところが。

長く切って貼ると、余裕が生まれるのは確かなのですが、接着面の上下に“遊び”ができてしまうことがあります。ピロピロピロ……って(わかるかなw)。

ここがまあ、人肌にくっつかずにピロピロしているせいで大量の猫毛がくっつく要因になるわけですが……もうひとつ、今回公開した漫画のような“悲劇”を招くことがあるんです。

夜--。

布団にもぐって寝ている僕の胸の上に、猫が乗ってきました。その重さから、

「これは……ステラだにゃ……ムニャムニャ……」

寝ぼけていても、よくわかります。

ステラはしばらく、僕の顔に自分の顔をこすりつけてゴロゴロゴロゴロと喉を鳴らしていたのですが、ある瞬間に気づいたようです。

|・`ω・)ん? このピロピロは……なんにゃ?

そう。その日はテープを長めに切りすぎて、鼻のあたりに大きな遊びができてしまっていました。

それを、血気盛んな子猫であるステラが見逃すわけもなく……。

|・`ω・)ノノチョイチョイチョイ

(;`ー+ー)う、うーん

執拗に、テープのピロピロを攻撃してきて(((;゚Д゚)))

|・`ω・)ノノチョイチョイチョイチョイチョイ

(;`ー+ー)うう、うーん……

|・`ω・)ノノチョイチョイチョイチョイチョイチョイ!

(;`ー+ー)ううう、うーん!

|・`ω・)ノノチョイチョイチョイチョイチョイチョイチョイ!!!

(#`・д・)うわああああ!!! 猫うぜえええええ!!!!

こんな感じで毎晩のように、ステラがテープにジャレに来ます……w

お、俺の安眠は……。

2つのブログランキングに参加中❢ルナステラをクリックして応援してください