ノルウェージャンとペルシャ、おすすめ猫砂ご紹介【猫漫画傑作選】

本日は猫漫画傑作選+最新猫エッセイをお届けいたします!

今回は、猫飼いさんが永遠に考え続けるテーマのひとつである“猫砂”が、漫画のネタになっておりますが、僕もご多分に漏れず、およそ30年にわたって“理想の猫砂”を追い求めて、いろいろと試してきたのです。

そこでこのブログではシツコイくらい、猫トイレに関する記事を書いて参りましたw

最終的に僕は、システムトイレと専用の猫砂に行きついたのですが、後半の最新猫エッセイで、ふだん使っている猫砂と、過去に使ってみて「これも悪くないな」と思ったものを紹介しようと思います!

では、お楽しみください!

スポンサーリンク

猫漫画:ネコ砂(2)

猫漫画



ネコ飼い永遠の課題”ネコ砂問題”! 以前もマンガで問題提起(?)をしましたが、今回は第2弾となります。

僕は先代ニャンコの時代から、システムトイレ用の丸いネコ砂(わかりますかね)を愛用しています。白いので見た目にもキレイだし、汚れもわかりやすいのでコレ一択なんですが、難点がひとつありまして。それは……、

よく転がること……。

なんです……。

マンガにある通り、るーさんは用を足したあと、そりゃあもう丁寧に砂をザッザするわけです。”丁寧=激しい”ってことなので砂の飛び散りもすさまじく、いくら掃除をしても気が付けば床でコロコロと転がっている……というのが日常の風景です。

まあ、ここまではいいのです。ネコがいる以上……仕方がないのです!!

問題はここからでして……。

るーさん、こういった”小さくて丸いもの”にとにかく目がない……! いや大好物!! 前回も解説で書きましたが、自分で飛び散らかした床に転ぶネコ砂を見て、

ε=(Φω´Φ#)なんか転がってる!!

となって、まあジャレることジャレること……。

「それ散らかしたのオマエやろ!!」

と言っても、まったく聞く耳持たないですよね……ハハハ……。

最近は、わざとやってるとしか思えません。いや、間違いなくわざとです。(角満)


猫エッセイ:おすすめの猫砂大紹介!

というわけで、最新猫エッセイです。

前述した通り、僕は先代ニャンコを飼っていた時代から、ありとあらゆる猫砂を試してきました。固めて捨てる系、いろいろな素材のもの、かぐわしい香り付き、そしてシステムトイレ用……。

けっきょく、“砂の旅人”と化した僕は最終的にシステムトイレに落ち着いたわけですが、そのカテゴリー内にも、いろいろな種類があるんですよねえ。

そんな中、僕がいまもっとも頻繁に使っているのは↓こちらの猫砂

デオトイレ

デオトイレの、抗臭・抗菌サンド!!

これ、何がいいかって、近所のドラッグストアでふつうに買えることw 昔はこういうところで売っているのってほとんど固まるタイプの猫砂だったんですけど、最近はシステムトイレ用のソレも取り扱っているので、めちゃくちゃ助かります。

もちろん、すぐに買えるという利便性だけでなく、抗臭効果も及第点です。粒も大きいので、猫が肉球の間に挟んで運搬する……という事故も少ないように思います!

続いて、上記の猫砂に変える前に頻繁に使っていたのは↓こちらのタイプ。

アイリスオーヤマ

アイリスオーヤマから発売されている、丸型の猫砂です。

これ、見た目がキレイだし、抗臭効果が非常に高いので(個人的な感覚では、デオトイレのそれより上かなと)、先代ニャンコの時代から10年以上は使い続けていました。でも、丸型ゆえの軽さ(重量じゃなく、動きやすさ)があってどうしても飛び散りが気になり、別のものを探し始めたという経緯があります。とはいえ、前述の通り抗臭効果は抜群なので、飛び散り対策さえしっかりできれば、超オススメな猫砂となります!

そのほか、↓こんなのも試しましたよ。

アイペット

パッケージがかわいいこともあって、一度買って使ってみた猫砂。抗臭効果も高いし、使い勝手もよかったので買い続けてもよかったんですけど、近所に売っていないので継続はあきらめてしまいましたw

あと、↓こちらも使いました。

花王

花王の、ニャンとも清潔トイレの猫砂。その実力は、最初に紹介したデオトイレのそれと同等かと思います。ただ、やっぱり近所のドラッグストアで売っているのがデオトイレなので、どうしてもそっちを使ってしまうというw ちょっと足を伸ばしたところにあるホームセンターにはふつうに売っているので、まとめ買いできるときは花王のコレも買ったりしております。

猫砂は本当に千差万別。

これからもいろいろと試して、インプレッションをできたらと思います!

おしまい。

 

2つのブログランキングに参加中❢ルナステラをクリックして応援してください