猫のトイレを徹底解説(2)しつけ方法、トイレ回数、多頭飼いの注意点、粗相時の対応【加筆】

猫のトイレを徹底解説(2)

※昨日(12月24日)アップしたこの記事ですが、自宅で作ったためちょっと物足りなかったので、加筆して再アップいたします!

猫飼いさんの最大の悩み“猫のトイレ問題”! 先日、猫トイレそのものの最新トレンドを記事にしました。

今回はさらに踏み込んで、さらに気になる“トイレのしつけ”、“粗相したときの対策”、“猫のトイレ回数”、“多頭飼い時の注意点”について解説したいと思います!

トイレのしつけはできるのか?

まずは、猫のトイレのしつけについて。

できるの? できないの? できるとしても……簡単なの??

猫を飼ったことがない人にとっては非常に不安がつきまとうところだと思いますけど、コレ、とってもシンプルな結論があります。

猫のトイレ、しつけられます!

そして……簡単です!

きっといま猫飼いさんたちは「うんうん」と頷かれたことと思いますが、これから猫を飼いたいと思っている方に向けて、簡単に説明しますね。

猫のトイレのしつけ方法

しつけ方法も、じつに簡単にして明白です。以下の流れでオッケー!

(1)猫トイレと砂を買ってくる
(2)猫トイレに、猫砂をザザーッと入れる
(3)その上に猫を置く

……以上! これで大丈夫!

というのも、猫には遺伝子レベルで“砂の上で排泄をして、したあとはそれを隠す”という習性が刷り込まれているので、基本的にはヒョイと置かれた砂の上を、

「なるほど、ここがわしのトイレか」

と認識してくれます。

ただし、スムーズにトイレを覚えこませるコツも存在します。

トイレのコツ(1) トイレの設置場所

猫のトイレは、どこに置いてもいいというものでもありません。いきなり居間のど真ん中に置くなんてもってのほかです(しねーよ)。

猫のトイレの設置場所は、以下の条件を多く備えているところにしましょう。

・人目から離れた場所
・静かで落ち着ける場所
・換気扇の近く

とくに注意したいのが、“静か”であること。というのも、猫がトイレを使っているときに、急にテレビから大きな音がしたりすると、「ビクッ!!!」としてトイレから飛び出し、

「ここをトイレにするのはマズイらしいにゃ……」

なんて認識してしまう場合があります(実家で飼っていた猫が一時期そうでした)。ですのでなるべく静かで、落ち着ける場所を選んであげてください。

これは“人目から離れた場所”と紐づくことです。

というのも、猫は誰かの視線を感じると排泄に集中できなくなるきらいがあるので、なるべく猫トイレは物陰か、人が集まる場所から遠いところを選びましょう。

そして“換気扇の近く”は、もちろんですが臭い対策です。

ただこれだと、トイレを置く場所が台所や洗面所近辺に限定されてしまうと思うので、あくまでも“できたら”程度に留めておけばいいと思います。

トイレのコツ(2) “トイレサイン”を見逃すな

猫はトイレに行きたくなると、いくつかの“予備行動”をします。家に連れてきて間もなく、トイレのしつけをしている真っ最中のときは、トイレサインを見逃さずに対応してあげると、じつにスムーズにしつけが完了すると思います。

トイレサインには、以下のようなものがあります。

・床の臭いを嗅ぎ始める
・クルクルと同じ場所で回り始める
・ザッザッザと砂をかく仕草をする
・腰を落として、恍惚の表情をする

最後の“恍惚の表情をする”の状態は“最後通牒”のようなものなので注意です。すでにおしっこをしている可能性があります^^;

この4つの予備動作をし始めたら、素早く猫トイレに連れていきましょう。

「うお! ここ、トイレにゃ!」ってんで、大喜びで用を足し、そこを自分のトイレとして認識してくれるはずです。

ちなみに、


クルクルと同じ場所で回るしぐさは、トイレの上でも行います。

もしもこれをトイレじゃない場所でやり始めたら……すみやかにトイレに連れていってあげてください。

猫は粗相をしないの?

猫のトイレのしつけは簡単だ……と書きましたが、「じゃあまったく失敗しないのか?」と問われたら、「No」と答えざるを得ません。いくつか、失敗のパターンがあります。

猫のマーキング行動について

犬がそこらにおしっこをして、自分の縄張りを主張する“マーキング行動”ですが、じつは猫もやります。

「それ、オス猫だけでしょ?」

と思われている方もいるかと思いますが、じつはメス猫もやるんです。なぜ断言するのかというと……るーさんがやったから!!w

るーさんが生後10ヵ月を超え、「そろそろ避妊手術を……」と考え始めたとき……トイレじゃない場所でおしっこをしてしまいました。上記の“トイレサイン”にある、“床をクンクンと嗅ぐ”、“グルグルと同じ場所で回り始める”をやったかと思ったら、いきなり後ろ脚を踏ん張る体勢になってシャーーー……と。トイレサインぽいことをやってるな……とは思ったんですが、完全にしつけはできていると確信していたので油断しました。さすがに、最初はビックリ。

「え!? な、なんにゃ!? るーさん、な、なんでそんなところで!?」

激しく取り乱したのですが、「ま、まあ、そういうこともあるか……」と強引に納得しましたんですけど……その後も何度も、同じことをします。そこでようやく、

「あ、これ……マーキングだ!」

と確信し、すぐに予約を取って病院へ。避妊手術後はピタリと、そんな行動はなくなりました。

もしも飼い猫がるーさんと同じようなことをしても、それは粗相ではなく、本能からくるマーキング行動です。避妊、去勢をすることでほとんどの場合が収まるとのことなので(動物病院の先生に言われました)、怒らないであげてくださいね。

コロコロウンチが飛び出す罠

猫のウンチは、基本的にコロコロしています。そこに、猫の得意の、

(Φω´Φ#)ノノザッザッザッザ!!

が加わると、ときとして……トイレの外に、ウンチが飛び出ることが!!!ww

これ、ステラがよくやるんです。あの短い前足で、

(Φω´Φ#)ノノザッザッザッザ!!

と、小野田坂道ばりのハイケイデンスで砂をかくもんだから、たま~に、

すぽ~~~んwww

と、ウンチが外に……。で、外で転がるウンチを、

(Φω´Φ#)?? なぜここに、わしのウンチが……

って不思議そうに眺め、砂のないところで、

(Φω´Φ#)ノノザッザッザッザ!!

をやりやがります。……オマエが犯人だオマエが!!www

▲写真はトイレではありませんw

これを防ぐには、屋根付きの猫トイレにする、前回の記事で紹介した“上からトイレ”を導入するなど、猫トイレ自体に工夫をしないとダメかもしれませんねw

ウンチがお尻回りの毛につく

これも、よくあるトラブル。この事案については別記事で詳しく対応策を書いてあるので、ぜひそちらをご覧ください!!

ウンチが四肢につく場合がある!

これ、意外な落とし穴です。膝の上に乗ってきた猫から、そこはかとなく「ぷ~~~ん……」とウンコ臭が漂ってきたとき、まず確認してほしいのは、

・おしりのまわり

ですが、ここに物件がついていないときは……4本の足をチェックしてみてください!

というのも猫は、ウンチをしたあとに激しく砂をかいてブツを隠そうとします。

それ自体はいいんですけど、目測を誤って思いっきりウンチを触っていることがあり、下手するとその破片が、手についてままのことがあるんです。

猫はきれい好きなので、そういったときもキチンと自分で処置してくれますが、対応が追い付いていない場合もあります。そういう場面を発見したら、すみやかにペット用ウェットティッシュなどで拭いてあげてください。

猫は何回くらいトイレをするの?

ここはサラリと。

いままで飼ってきた猫を振り返ってみて、トイレの平均的な回数は、

・おしっこ 1日に1~3回
・ウンチ 1日に0.5~2回

って感じでしょうか。

ウンチのところが“0.5~2回”と中途半端な回数になっていますけど、これは、ステラが1日に1~2回で、るーさんはだいたい30時間に1回くらいのペースでウンチをしているからです。身体が大きく、食べる量も多いるーさんのほうが回数的には少ない(そのかわり量は多い)のが、ちょっと特徴的ですね。

多頭飼いのときに注意することは?

ウチは現在、ノルウェージャンフォレストキャットのるーさんと、チンチラペルシャのステラの“2頭体制”です。2匹とはいえ多頭飼いですから、トイレについても1匹飼いのときとは対応が違います。

まず、トイレの個数

ウチは一応、るーさん用とステラ用の2個設置しています。最初はもちろん、

「こっちはるーさん、こっちはステラのね」

と“それぞれの専用”を謳い、猫たちも応じて(?)くれていたんですが……あるとき、ステラがるーさんのトイレに侵入しました。たまたま僕がいるときで、

「あ、ステラ。そっち、るーさんの……」

と言おうとしたときにはもう遅く、ステラはるーさんのトイレでウンチを……。るーさんはそれを、

|・`ω・)…………

こんな感じで見ていたんですが、なんと10分後くらいに……!

(ーω´ー#)ふー……

るーさん、ステラのトイレでウンチしたーーー!!w 報復ウンチかよ!!ww

この日から、2個のトイレは“共用”になりました。本当に自由に、どっちのトイレでも用を足しております……w ペットショップなどではよく、“猫の頭数+1個のトイレを”と指導されていることがありますが、実体験から、とりあえずは猫の頭数分のトイレがあれば十分かな、と。

結論! 臭い対策は……別記事で!w

猫トイレのことを書き出すと、ホントに長くなっちまうな!!w

まあそれだけネタ……というか、キチンと考えなければいけないデリケートな案件ってことですけど。

長くなってしまったので、猫トイレの究極の問題“臭い対策”については、項を改めてまとめたいと思います!

あなたにおすすめの記事
大塚角満の他のブログ