今後はこちらのサイトでネコブログ“角満さんちのるーさん”改め“角満さんちのるーさん&すーさん”(?)と題したネコエッセイを書いていこうと思います! ネコ好きの皆さん、どうぞよろしくお願いいたします~!

さて。

“るーさん”こと、ノルウェージャンフォレストキャットのメス猫、ルナが我が家にやって来てから、もうすぐ2年になろうとしていた春のある日。近所にあるホームセンターのペットコーナーに、件のるーさん用グッズを物色にやってきた。彼女の主食であるロイヤルカナン、いつも注文しているネットショップが在庫切れをおこしていてなかなか届かず、ついには最後の1個も食べ尽くしてしまったため、

あかん! とりあえずいくつかペットショップで調達しないと、るーさんが飢えた猛獣と化してしまう!


▲飢えた猛獣系女子。

ってんで、慌てて家を出たのである。

そのペットショップは、埼玉を中心に複数の店舗を構える大きなチェーンで、意識高い系のネコ餌(ロイヤルカナンとかニュートロとか、ちょっと高いヤツね)を始め、かなりハイソな商品をズラリと取り扱っている。かつて、20年にわたり飼っていた愛猫・ミュウ&アクアにはプレミアムフードなんてほとんどあげなかったけど(すまん)、るーさんに関しては、

なんだかエラそうだし……気高い雰囲気を醸し出しているし……何より一人っ子だから、可能な限り贅沢をさせる方向で……><」


▲エラそう。

と、子ネコの時代からロイヤルカナンのお世話になっている。飼い主の俺自身が歳を取ってきて、30代のころまでまったく気にしていなかった食品添加物やら成分表なんてものに心を奪われるようになったことが、ネコの食事メニューにも影響を及ぼしているのかもしれない。違うかもしれない。

そんな、なかなか規模の大きなペットショップには、当然のように“売られている子たち”がいた。子イヌが10匹くらいと、子ネコが7、8匹くらい。もちろん、すべてが血統書付きのセレブな犬猫で、お値段のほうも軽々しいものではない。



るーさんがいる以上、2匹目を買うつもりなどまったくなかったが、ここで子ネコたちのウィンドーショッピングをすることは楽しみのひとつだった。愛らしいソマリやラグドール、るーさんと同じノルウェージャンフォレストキャットの子ネコらがケージの中で愛嬌を振りまいていて、見ているだけでホンワカした気持ちになる。ペットショップに対してはいろいろな意見があるだろうが、少なくとも彼らには何の罪もないので、ここはひたすら、「かわいいのう♪ かわいいのう~~~^^」と愛でていたい。だって、本当にかわいいしw

そんなとき、横並びのふたつのケースの中に、ソックリな2匹の子ネコがいることに気が付いた。銀色の新雪のような毛をポワポワと生やした、チンチラシルバーの双子のネコ。どちらも女の子で、誕生日は2018年3月11日とある。その時点で、生後3ヵ月を経過していた子ネコだ。がっしりとしたノルウェージャンとは違ってどこか儚げで、その色と相まって、雪のように溶けてしまうのではないか……なんて印象を受ける。そのとき、右側のケースにいた子は目を開けて暴れていたが、左側のケースの子はヘソ天状態でひっくり返り、静かな寝息を立てていた。その、あまりに無防備な寝姿を見て、思わず声が漏れる。

「なんてかわいいんだろう……」

きっと、綿アメみたいにフワフワなんだろうな。まだ身体が出来上がってないから細くて、頼りないけど、しっかりとあったかいんだろうな--。

ヨダレをたらしそうな勢いで見つめ続けていたからだろう。スタスタとスタッフの女性が接近してきて、俺に声を掛けた。

「この子、かわいいですよね~^^ よかったら、抱っこしてあげてください~^^

突然の申し出に、「あ゛あ゛」とか「うう」とかいう曖昧なうめき声を発していると、スタッフさんは“肯定”と捉えたのか、「待っててくださいね!」と言ってバックヤードに消えていった。そしてすぐに、

「連れて来ましたよ~~~^^^^」

ニコニコ顔で再登場し、腕に包んできた雪のカタマリを大事そうに俺に手渡したのである。

わ……! フワフワだ……>< そんでそんで、やっぱり、あったかいね……

俺の手のひらの上で、チンチラシルバーの小さな女の子は、ゴロゴロゴロ……と盛大に喉を鳴らし始めた。あまりに愛おしくて、

「お、おお……>< よしよし……」

と頭を撫でると、イヤそうにプルプルと首を振る。

これが、いま我が家で傍若無人に暴れ回っている新参猫“ステラ”と、初めて会った瞬間の出来事だ。この首を振る仕草、ステラの癖で、いまだに頭を撫でると、

(((#`>д<)))なんにゃあああ!!!

って感じでプルプルするから笑ってしまう。

……しかし、この場ですぐに「連れて帰らせて!!」ということにはならなかった。文中でもちょっと触れたが、家にはすでにるーさんがいたし、もしも2匹目を迎えるとしても、そのときは里親会に相談して引き取ろう……って決めていたからだ(ミュウとアクアがそうだったのでね)。

それが……!

続きは……またの更新で!

2つのブログランキングに参加中❢ルナステラをクリックして応援してください