ノルウェージャンとペルシャが壊したキャットタワーのその後

ノルウェージャンとペルシャが壊したキャットタワーのその後

前回の記事で、我が家自慢の巨大キャットタワーの尖塔のひとつが破壊された……と書きました。

このタワーは、本体から突き出た尖塔が3本屹立していて、それぞれ、2匹の猫が“専用ポジション”として使っておりました。

具体的には↓こんな感じ。

キャットタワー破壊前1
キャットタワー破壊前2

引きで見たほうがわかりやすいですな。

キャットタワー破壊前3

↑これ、ステラが乗っていますけど、本来ここはるーさんのポジションw 手前に写っているのが“ニャンモック”ってヤツで、ここもるーさん専用です。折れてしまったのは2段目の尖塔で、ここがステラの場所。要するに、ステラはこのタワーにおける自分の場所が無くなってしまった……というわけですね。

そんな、衝撃のタワー破壊があった翌日の朝……。

ふと件のタワーを見ると……お? るーさんが久しぶりにニャンモックに入ってるぞ。最近、ここにはあまり入っていなかったんだけどな。近ごろ珍しいので、写真に撮っておこ^^

パシャ。

ニャンモック1

……撮った瞬間、違和感に気づきましたw

あれ……?? このニャンコ……るーさんじゃなくね!!?!?

ペルシャがニャンモックを克服した日

そうなんです……。なんと、あれほどニャンモックに入ることにビビっていたステラが、ここに入っていたのです!!!w

……見てくだされ、↓この以前のビビり具合w

押すなよ押すなよ!
押すなよ押すなよ押すなよ

ニャンモックに近づいたところをるーさんに押されて、「お、押すな! 押すなって!!」ダチョウ倶楽部ばりにモメていることを、以前記事にしましたがねw

そんな、“ニャンモック恐怖症”だったステラ、自分のタワーが壊れて居場所がなくなってしまい、必要に迫られて恐怖を克服したようなのです!w

暗かったので、電気をつけてみたら……。

ニャンモックにペルシャ

( ・`'ω'・)むー

急に電気をつけられて、まぶしくてゴキゲン斜めな感じw

ニャンモックにペルシャ2

(#`・д・)まぶしいやろ。電気消せや

そんな抗議の意思を感じるwww

でも……。

ニャンモックにペルシャ3

(#`ーдー)こちとら眠いねん……zzz

そのまま寝ちゃったwww ちなみに、るーさんも小さく写っておりますがw

このとき以来、ステラはニャンモックが気に入ったようで、しょっちゅうここに入ってうたた寝しております。ってことは、るーさんは自分の場所を取られてしまったわけですけど、どうしているかというと……!

ハンモックにノルウェージャン

(#`ーдー)わしにはここがあんねん。あのちっこいニャンモックは、チビに譲ったるわ

るーさん、余裕で専用の(人間用の)ハンモックで寝ていましたとさw

おしまい。

あなたにおすすめの記事
大塚角満の他のブログ