ノルウェージャンの爪切りのコツ! イヤがる子への対処法

肉球を触られることをイヤがる子にはコレ!

史上最長の10連休も、いよいよ最終日。

明日から社会復帰だ……((((;゚Д゚))))

文明社会に戻れるのか俺……((((;゚Д゚))))

震えながら、「最終日くらいは家でゆっくり休んで、明日からの仕事に備えよう……」なんてモードの方も多いかと思います。

そんな、家にいることを選ばれた猫飼いさんにオススメのレジャー(?)をご紹介! それは……!

猫の爪切りだぁぁあああ!!!www

先日も爪切りに関する記事を上げましたけど、

その後、ちょっとしたコツを発見したので、皆さんと共有したいと思います!

猫による爪切りのタイプ

猫の性格は千差万別。本当に1匹1匹、見た目も考え方も違います。

爪切りに対するスタンスもそう。

すんなりとされるがままの猫もいれば、

ノルウェージャン▲されるがままタイプさん。

足先に触られただけで、

(`Д´) 何すんねーーーーん!!!

と、烈火のごとく怒り出す子もおります……。

やっかいなのは、もちろん後者。処置をしていない猫の爪先はガチで鋭利なので、飼い主が予期せぬケガをすることもあるし、多頭飼いの場合は猫どうしが傷つけあってしまうかも……というリスクも背負いこむことにもなります。

ちなみにウチの場合、ステラが後者のタイプです。寝ていようがちゅ~るで釣っていようが足に触れただけで

(#`・д・)何しようとしてんねん

と、瞬時に攻撃モードになります。コイツ、めんどくせえええ!!!www

なので、以前の記事に記した通り、「1日1本!」を目標にステラの爪は切っていました。寝ている隙を突いて……。

でも最近、“新たなコツ”を発見し、それ以来は好き放題に切ることができているのです!! さっそくご紹介しましょう!

肉球に触らずに爪を切る!

ステラの行動をつぶさに観察して、気づいたことがあります。それは、

“肉球を触られることを嫌がる”

というもの。前脚だろうが後ろ脚だろうがダメで、前述のように「寝ている隙に……」とプニプニ触ろうものなら、

(`Д´) 何すんねーーーーん!!!

となります。

これ、何が不便かって、

“猫の爪を切るときのルーチンとして、肉球あたりを押し込んで爪先を露出させねばならない”

という流れがあること。これだと肉球を触られることをイヤがる猫は、一生爪を切ることができなくなってしまいます。

ところが先日、ステラが膝の上で寝ていたときに、

「爪、切らせてくれないかなぁ……」

なんて言いながら、前脚の先っちょを「ちょいちょい」と触っていたんです。「怒るかな……?」と考えながら。

ところが、ステラは気持ちよさそうに寝息を立てたままピクリともしません。「ん??」と不思議に思いながら、さらに踏み込んで爪のあたりを触っても……彼女は寝たままでした。

「こ、これはもしや……!!」

勝利の予感に突き動かされ、前脚の先端を覆っている毛をかき分けると……!

爪の露出方法

爪が露出したぁぁぁああああ!!!www

ここまでされても、ステラは、

(#`ーдー)zzzz……

と寝ています。そこで、焦る心を抑えながらギロチン型爪切りを取り出し、

ギロチンタイプ

細心の注意を払ってジョッキン!!

き、切れた……! めっちゃあっさり爪が切れたよ……!

恐る恐るステラを見ると……!

(#`ーдー)zzzz……

ぜんぜん平気きたぁぁぁあああ!!!www

その後はもう、同じ方法でジョッキンジョッキンwww

「ステラ、切り足りないから、もっと爪ちょうだい」

そう言いたくなるくらいすんなりと、すべての爪切りが完了しました。

猫の爪切りのコツ、まとめ

改めて、肉球を触られることをイヤがるニャンコの爪切りのコツは、

・寝ているときを狙う
・肉球には触らない
・少しずつ手の先端の毛をかき分けて、爪を露出させる
・先端部分に爪切りを当てて、ジョッキン

このようになります。

さらに踏み込むと、猫が寝ているときの態勢によっても、爪切りの難度は変わってくるんです。

難しいパターンが↓コレ。

ダメなパターン

いわゆる、ヘソ天です。これだと脚がプラプラしていてホールドしにくく、ポジション的にも肉球に触れてしまいがち。爪切りを狙うなら、

いいパターン

このような、ノーマルのうつぶせ寝のときがいいです! 脚が安定して固定されているので、多少触っても振動が伝わらず、猫もスルーしてくれますw

それとやはり、ギロチンタイプの爪切りが切りやすくてすばらしいです。切れ味がいいから猫に気づかれないうちにスパーンといけますし、軽い力でオッケーなので女性でも余裕かと!

 

肉球を触られることを嫌がるニャンコを飼っておられる方は、一度“角満流”を試してみてください!

コメント一覧
  1. りんね より:

    チンチラ、特に雌猫はツンデレだし変に慎重だったりするのでなかなかお手入れさせてくれないんですよね。もう居ないけど懐かしいです。

コメントを残す

あなたにおすすめの記事
大塚角満の他のブログ