【長毛猫】ペルシャのお尻のウンチ付着問題、究極の対処法を実行

当ブログの人気記事のひとつに、“長毛猫のウンチ対策”があります。

この記事、ありがたいことに非常に頻繁に読まれているんですけど、その事実を見るたびに、

「長毛猫を飼われている人は本当に、毛に着くウンチに困っているんだなぁ……」

と、シミジミ思います。僕がこの記事を書いたのも、“ザ・長毛”であるチンチラペルシャのステラがしょっちゅう、お尻のまわりの毛にウンチを付着させていたからなんですけど。

じつは最近も、ステラはウンチを毛にくっつけてノコノコと歩いておりました。すぐに捕まえてペット用のウェットティッシュで取ろうと思ったんですけど……これが簡単にやらせてくれない(汗)。

(#`・д・)なにレディーの尻を触ろうとしてんねん!

ってな感じで背後に回ろうとすると向きを変えて、お尻を隠してしまうんです……w コイツ、めんどくせええええ!!!www 毎回毎回同じことをくり返していたので……僕は“ウンチ対策の究極の方法”を実行することにしました。

スポンサーリンク

ウンチ付着問題の抜本的な解決法とは?

先ほど紹介した記事の中で、毛にくっついてしまうウンチの対策として、

・ペット用ウェットティッシュで拭いてあげる
・コームを使ってこそげ落とす
・ウンチがついた毛ごと切る
・尻を丸洗いする

このような方法を書きました。実際、付着しちゃった後の対策としては、どれも効果的だと思います。

でも……!

抜本的な対策かと言われると、僕自身が首をかしげてしまいます。どれも“事後の対処療法”にすぎず、“付着させない”という根本の解決には至っていないので。

そこで今回、僕はステラに“根本の解決法”を施しました。その方法は前述の“ウンチがついた毛ごと切る”に由来します。

それは……“ウンチが着く尻まわりの毛をあらかじめ切ってしまう”というものです!

ウンチが着く前に、セルフトリミング!

チンチラペルシャのステラの毛は、本当に長くて豪奢です。↓こんな感じで。

チンチラペルシャの長毛

後ろ脚のあたりから、長~~~~い毛が伸びているのがわかるかな? こんなのが全身を覆っているわけです。

もうちょっと、具体的に見てみましょう。

ステラがウンチを付着させがちな部分は↓このへんなんです。

ウンチが着きやすい場所1
ウンチが着きやすい場所2

立派な長毛が、わっさわっさと生えているのが確認できるかと思います。これだけ尻まわりに長毛が生えていたら……そりゃウンチもくっつくわなぁ……。

これまでの経験から、ウンチが付着しやすい場所はよくわかっていました。それは、

・お尻の周辺
・尻尾の付け根あたり
・(人間でいう)フトモモの裏あたり

ココです。このあたりをキレイにトリミングできれば、ウンチのほうが、

「あ、あれ? くっつきたいのに……毛がないやん!!

と戸惑うこと請け合いです。もう、やるしかない。

トリミングを実行するのは、ステラが膝の上で熟睡したタイミング。それも、

ヘソ天はダメ

↑このようなヘソ天ではなく

うつ伏せで寝ているとき

うつ伏せの、こんな態勢になったときが望ましいです。非常に切りやすいので。

カットしたい場所の毛をチョイとつまんで、チョッキン。もひとつチョッキン。敏感なステラも、熟睡していればたいがいのことができます。そんなに深く刈りこむ必要もないので、肌を傷つける心配もナシ。調子に乗ってチョキチョキと切った結果……!

トリミング後

わかるかな? お尻のまわりの毛だけ、短くすることに成功!! ちょっと段々になっていますけど、伸びたときにまた、キレイにそろえたいなと!

セルフカットを断行して以降、ステラの長毛にウンチが付着したことは1回もありません。まあ、着くべく場所に毛がないんだからくっつきようがないんですけど、このように“事前に処置しておく”ということが究極の対策なんだとよくわかりました。

これ、余裕があれば動物病院やトリマーさんにお願いすると、じつに美しく刈ってくれると思います。病院に連れて行く機会があったら、相談してみるのもいいかもしれませんね!

それでは、快適なウンチライフを!

2つのブログランキングに参加中❢ルナステラをクリックして応援してください